手作りではなく、市販のペットフードは作る時間や手間がないということで、多くの猫の飼い主に選ばれています。何を基準に商品を選んでいるのかは人によって違いがあるでしょうが、安さだけで決めてしまうのは、猫の健康のことを考えるとおすすめできません。猫にとってエサは空腹を満たすためのものではなく、健康を維持し、長生きするために必要なものです。

猫は本来は肉食動物であり、肉や魚に含まれるような動物性タンパク質の消化吸収能力に優れていますが、穀物に含まれているような炭水化物の消化が苦手です。猫の栄養補給は高タンパク低炭水化物食が理想的なのです。このような特徴を持っているため、当然市販のペットフードには肉や魚の良質な動物性タンパク質が豊富に含まれていて、炭水化物が抑えられているものばかりと思う人は多いでしょう。しかしながら、特に格安で販売されているペットフードのなかには、肉や魚が使用されている割合が低く、穀物が主原料になっているものが少なくありません。

先述したように、猫は炭水化物の消化が不得意なため、穀物が主体のペットフードでは十分に栄養を吸収することができず、そのまま排泄されてしまいます。いっぱい食べていても栄養不足に陥ってしまい、消化に悪いものばかり食べていて腸内環境が悪くなり、免疫力が落ちて病気にかかりやすくなるなどの問題が起こり得るのです。

それでは、どういう基準を優先したほうがいいのかを説明します。猫の健康にこだわったペットフードがどういうものなのかを知りたい人は、ぜひこの機会にご確認ください。