穀物不使用以外の注目点

ペットフードはグレインフリーの条件をクリアしていれば、何を選んでも安心安全とは限りません。他にも商品を購入するにあたってチェックしたほうがいい要素がいくつかあります。まず、グレインフリーであっても、猫にとって有害な添加物が配合されていれば、それは安全なフードとは言えなくなります。酸化防止剤や保存料、着色料、香料のような人工的な添加物のなかには、ガンなどの病気を起こすリスクを高めてしまうものもあります。添加物は天然由来のものが使用されているものであれば問題がないため、そのような商品を候補にするのが健康的です。

その他にもグレインフリーであっても、動物性タンパク質が豊富なものなのかどうかをチェックしましょう。新鮮な肉ではなく、芋や豆が使用されているものがグレインフリーフードの中にはあります。たしかに穀物ではないのですが、芋や豆に含まれているのは植物性タンパク質であり、炭水化物が含まれています。商品によっては、グレインフリーではないフードと比較しても、炭水化物の含有量が多いこともあります。

動物性タンパク質でも、純粋で新鮮な肉が使用されていることが大事です。肉以外の部位を示す肉副産物が使用されている場合は消化に悪いですし、ひどいものでは死んで時間が経ち、新鮮さがなく劣化した動物の肉、病気にかかっていた動物の肉、強力な薬で殺された動物の肉など、品質の悪い肉が使用されていることが、特に値段が安過ぎるような商品で少なくありません。

カテゴリー : 未分類 もっと読む

グレインフリーがおすすめ

グレインフリーフードというのは、穀物が使用されていないペットフードのことです。猫にとって消化が苦手な炭水化物が少なく、タンパク質が豊富な肉や魚がメインで使用されており、効率よく栄養補給を行うことが可能です。消化に良いものを与えているということで、腸内環境が悪化しにくく、免疫力も落ちにくいという特徴もあります。

他にも、穀物の小麦やトウモロコシ、腸内環境が悪化した状態というのは、アレルギーを引き起こしやすくなります。アレルギーは皮膚炎などを起こしますが、グレインフリーで穀物を摂取しないということで、効果的なアレルギー対策になります。また、穀物を摂取しないことで消化にかかる負担が軽くなり、消化不良が原因で起こる下痢や便秘の予防改善効果も期待できます。消化されないまま排泄されてしまうことが少なくなり、十分に食事を摂っているにもかかわらず、便の量が減ります。

その他、穀物に含まれている炭水化物は、猫が太ってしまったり、糖尿病を起こしたりするリスクを高めてしまいます。グレインフリーフードに切り替えることにより、猫の減量効果が期待できる他、糖尿病の対策に効果的です。ペットフードは急に切り替えると猫が食べてくれないことがありますが、現状のフードにグレインフリーフードを少量混ぜて、徐々にグレインフリーの割合を高めていくとうまく切り替えやすいでしょう。

カテゴリー : 未分類 もっと読む

猫の健康とペットフード

手作りではなく、市販のペットフードは作る時間や手間がないということで、多くの猫の飼い主に選ばれています。何を基準に商品を選んでいるのかは人によって違いがあるでしょうが、安さだけで決めてしまうのは、猫の健康のことを考えるとおすすめできません。猫にとってエサは空腹を満たすためのものではなく、健康を維持し、長生きするために必要なものです。

猫は本来は肉食動物であり、肉や魚に含まれるような動物性タンパク質の消化吸収能力に優れていますが、穀物に含まれているような炭水化物の消化が苦手です。猫の栄養補給は高タンパク低炭水化物食が理想的なのです。このような特徴を持っているため、当然市販のペットフードには肉や魚の良質な動物性タンパク質が豊富に含まれていて、炭水化物が抑えられているものばかりと思う人は多いでしょう。しかしながら、特に格安で販売されているペットフードのなかには、肉や魚が使用されている割合が低く、穀物が主原料になっているものが少なくありません。

先述したように、猫は炭水化物の消化が不得意なため、穀物が主体のペットフードでは十分に栄養を吸収することができず、そのまま排泄されてしまいます。いっぱい食べていても栄養不足に陥ってしまい、消化に悪いものばかり食べていて腸内環境が悪くなり、免疫力が落ちて病気にかかりやすくなるなどの問題が起こり得るのです。

それでは、どういう基準を優先したほうがいいのかを説明します。猫の健康にこだわったペットフードがどういうものなのかを知りたい人は、ぜひこの機会にご確認ください。

カテゴリー : 未分類 もっと読む